医師と腎臓の病気

腎臓は腰の辺りにあるソラ豆のような形をした左右一対の臓器です。握りこぶしほどの大きさで、血液によって全身の組織から運ばれてきた体の不要物や老廃物を余分な水分とともに、尿として排泄しています。腎臓は体液のホメオスタシス(恒常性)を維持する上で欠くことのできない大切な働きをしています。腎臓には各100万個ほどの組織からなるネフロンがあり、ネフロンは糸球体と尿細管から成ります。糸球体は毛細血管の塊ともいえる精密な構造を有する器官で、血液をろ過し1日に120〜150Lもの原尿を作っています。原尿の99%は再吸収されて血液中に戻るため、最終的に尿として生成されるのは残りの1%(約1.2〜1.5L)に過ぎませんが、大量の血液がろ過されていることが分かります。腎臓の糸球体は繊細な構造かつ複雑な働きをするため、損傷すると再生が難しく病気により機能不全を起こした場合には人工透析を必要とします。

腎臓の病気には、蛋白尿や血尿が1年以上続きむくみや全身倦怠などの症状が現れる「慢性腎炎」、糸球体から大量の蛋白が漏れむくみや体重増加を生じる「ネフローゼ症候群」、腎臓が正常に機能しなくなり体内の老廃物を十分に排泄できなくなった「慢性腎不全」、大腸菌などの細菌が炎症を起こす「腎盂腎炎」、自分の意思とは関係なく尿が漏れてしまう「尿失禁」、膀胱に細菌が感染し、排尿痛、頻尿、尿のにごりが起こる「膀胱炎」などがあります。

特に腎臓の病気で気を付けたいことは、慢性腎炎や慢性腎不全など腎臓の機能損傷に関わる病気です。腎臓は糸のように細い血管が複雑に集合してできた繊細な臓器であるため、一度機能が失われると回復せず、最終的には人工透析といった身体の血液を人工的にろ過・調整する治療が必要になります。人工透析は一般的に週に3〜4回約4時間程度の治療を必要とし、生活にも身体にも負担が大きなこの治療を一生続けて行かなければならなくなります。

そのため慢性腎不全などの病気と診断された場合には薬物療法・食事療法・安静療法で病気の進行を予防し、少しでも透析療法への移行を遅らせることが大目標となります。残念ながら慢性腎不全は進行するものの良くなることはない病気であるため、病気をきちんと理解、自覚し生活スタイルの中から治療にアプローチし、上手に付き合うことが大切です。

慢性腎不全の治療ではカロリーを十分にまかなった食事構成の中で、たんぱく質・塩分・カリウム・リンの摂取を制限した食生活の改善を行い、疲労は腎臓に負担をかけるため、激しい運動、過労、ストレスを避け、毎日同じリズムでのコンスタントな生活を心掛けます。

[PR]>>麻酔科勤務の医師の志望動機のまとめ方について

Copyright (C) 2007-2014 [医師と心臓の病気]. All Rights Reserved.